さいたま市と埼玉西武ライオンズは21日、連携協定を締結し、締結式を同日、さいたま市役所で行った。

 埼玉西武ライオンズは県内に本拠地を構えてから今年で40年を迎えたことを機に、3月、地域コミュニティプロジェクト「L-FRIENDS(エルフレンズ)」を立ち上げ、野球振興や子ども支援、地域活性に取り組んでいる。

 さいたま市との連携協定もこの取り組みの一環で、地域社会の発展、市民福祉の向上を目指して県内各自治体と締結する協定は、さいたま市で28自治体目。今後、市内全小中学生を今季のメットライフドーム、県営大宮公園球場で行われる公式戦に招待するほか、スポーツ振興、青少...    
<記事全文を読む>