バレーボール・プレミアリーグ男子のJTに今春入社する東海大4年の小野寺が存在感を示している。6、7日の広島大会でデビューし、内定選手としては八子以来7季ぶりにフル出場したミドルブロッカー。「リーグ戦出場が目標ではない。チームの日本一に貢献する」と、早くも戦力になっている。

...    
<記事全文を読む>