昨季、故障で出場57試合ながら打率4割1分3厘を記録した近藤健介捕手が13日、鹿児島県・徳之島で自主トレーニングを公開した。「打たないと試合に出られない。しっかりアピールしないと」と力強く語った。

 同期の上沢や松本ら7人と初めて過ごす徳之島での自主練習。走り込みや体幹トレーニングに精を出し、打撃練習では広角に鋭い打球を打ち分けて持ち味の巧打を発揮した。後輩の渡辺、平沼には積極的にアドバイスを送る。「すごく充実しています。やることもないので、野球に集中できている」

<記事全文を読む>