女子7人制ラグビーの選手発掘や強化・育成を目的に、日本ラグビー協会は2月24、25の両日、沖縄県読谷村の残波岬ボールパークで国際大会「沖縄セブンズ(OKINAWA SEVENS)2018」を行う。2年連続2度目の開催。15日、日本ラグビー協会の森重隆副会長らが県庁で会見を開き、概要を発表した。

 大会は2020年東京五輪でのメダル獲得に向けた女性アスリートの育成・支援事業の一環。昨年大会から2チーム増え、計8チームが参加。ユース・ジュニアなど、日本代表候補で構成する日本勢2チームのほか、2年連続の参加となる米国とオーストラリア、初参加のカナダ、イングランド、ロシア、フィジー...    
<記事全文を読む>