日本女子プロ野球でシーズンを通じ優秀な成績を残したチームと選手を表彰する「コンベンション2017」が2日、京都市内で開かれた。レギュラーシーズン2連覇を達成した兵庫ディオーネからは、エース里綾実投手が四つのタイトルを獲得するなど計8人が受賞した。また、来季からの本拠地移転先が愛知県に決まったことも正式に発表された。

 式典ではまず、16年に続きレギュラーシーズンを制したチームが表彰され、碇美穂子監督は「追われる立場で連続優勝できたことに大きな意味がある。地域に愛され、応援してもらったことが力となり、一番の誇りとなった」と感謝した。

...    
<記事全文を読む>