中野市に練習拠点があるBCリーグ信濃グランセローズが今季、球団創設11年目でリーグ初優勝したのを受け、市役所1階市民ホールで5日、優勝カップとチャンピオンフラッグの展示が始まった。優勝カップなどを多くの市民に見てもらおうと、球団から借りた。

 優勝カップはガラスケースに入れ、西地区と同地区後期の優勝楯各1個と共に並べた。優勝カップには「平成二十九年度ルートインBCLチャンピオン信濃グランセローズ」と記されたペナントリボンが取り付けられている。緑色をした三角形のチャンピオンフラッグ(高さ1メートル、長さ3メートル)は壁に掲げた。

 展示...    
<記事全文を読む>