2月のカーリング男子日本選手権で準優勝した「4REAL(フォーリアル)」が今季、転勤や就職などで選手4人のうち3人が北見在住となったことを受け、活動拠点を札幌から北見へ移した。同選手権で優勝を逃し、来年の平昌(ピョンチャン)五輪出場に届かなかった悔しさをバネに心機一転。選手たちは「カーリングのまち」からの再出発を誓っている。

 4REALはトリノ、バンクーバー両五輪で女子日本代表監督を務めた、北見市常呂町出身のスキップ(司令塔)の阿部晋也選手(37)=タカハシグループ=が2012年に結成。今年2月の日本選手権は「札幌」というチーム名で、長野県出身の松村雄太選手(27)=同=、名寄市出身...    
<記事全文を読む>