新庄市は10月7日に市内で初めて開く「新庄ハーフマラソン大会」の参加者の募集を始めた。ゲストはお笑い芸人のにしおかすみこさん、駿河台大陸上競技部監督の徳本一善さん。全天候型に生まれ変わった市陸上競技場がゴールの計6コースに、総勢約1500人の参加を見込んでいる。

 18歳以上が参加できるメインのハーフマラソン(21.0975キロ)のコースは市内北東部を巡る。制限時間を2時間50分とし、ほかに10キロ、15キロ地点も1時間10分、1時間50分のタイム制限をそれぞれ設ける。ほかに小学生の1キロ、中高生の3キロ、高校生以上の5キロと10キロ、ウオーキング(5キロ)のコースがある。

 参加者には秋...    
<記事全文を読む>