福岡市東区の西戸崎、志賀島で2日、福岡トライアスロン2017が開かれ、全国から744人が出場した。福岡市で初めて東京五輪の正式種目と同じ51・5キロのコースで行われ、男子は九州大大学院1年の井辺弘貴選手(22)、女子は福岡市消防局の石本恵里香選手(25)が優勝した。

 午前8時に玄界灘側の海岸をスタート=写真。スイム1・5キロ、志賀島を3周するバイク40キロ、国営海の中道海浜公園を10キロ走るコースに挑んだ。完走者の最高齢は79歳だった。3位までの成績は次の通り。

 (敬称略) 【男子】(2)浅田晃輔(福岡県)(3)北原秀樹(同)【女子】(2)豊田しおり(同)(3)久保寛美(佐賀県) <記事全文を読む>