第63回全日本中学校通信陸上県大会最終日は2日、北上市の北上総合運動公園陸上競技場で男女18種目の決勝などが行われ、女子共通走り高跳びで八重樫澄佳(北上3年)が1メートル69の県中学新記録をマークし優勝した。

 男子共通砲丸投げは三田地駿太郎(盛岡・米内3年)が13メートル81の大会新記録で制した。同2、3年1500メートルの武田和馬(滝沢南3年)は4分8秒27で参加標準記録を突破し、前日の共通800メートルと合わせ2種目で全日本中学校選手権(8月19~22日、熊本市)の出場を決めた。

 3人のほか、同走り高跳びの阿部倭(盛岡・仙北3年)と中山侑也(盛岡・厨川3年)はともに1メートル85を...    
<記事全文を読む>