第26回岩手山焼走りマラソン全国大会(実行委主催、八幡平市、岩手日報社など共催)は2日、八幡平市の岩手山焼走り国際交流村を発着点とする折り返しコースで10キロ、5キロ、中学生3キロの男女と、ファミリー2キロの計15部門が行われ、10キロ男子の16~39歳は岩渕慎矢(盛岡市)が33分56秒で初出場優勝した。同女子の16~39歳は高校生の田口綺乃(あやな)(盛岡三高2年)が40分52秒で初の栄冠を手にした。

...    
<記事全文を読む>