ラグビーなどのスポーツを体験できるエコパスポーツパーク2017(エコパハウス主催、静岡新聞社・静岡放送共催)が2日、袋井市の小笠山総合運動公園で始まった。15、17両日も開催する。

 初日はエコパスタジアムで小学生対象の陸上教室が開かれ、1~6年生52人が参加した。陸上競技協会の関係者から指導を受けて短距離走で汗を流し、タイム向上へ腕を縦に真っすぐ振るなどの要点を学んだ。ミニハードルを用いて、ももを力強く引き上げるフォームの定着にも取り組んだ。

 15、17両日は午前10時から午後3時まで。同スタジアムが開催地となる19年ラグビーワールドカップ(W杯)への機運醸成も兼ね、スクラムやパスをは...    
<記事全文を読む>