陸上の西日本学生対校選手権は30日、広島市のエディオンスタジアム広島で開幕し、男子100メートルで8月の世界選手権(ロンドン)代表に選ばれた多田修平(関学大)は、追い風2・3メートルの参考記録で10秒16をマークして準決勝1組の1着となり、7月1日の決勝に進んだ。予選は追い風1・0メートルで10秒40だった。多田は24日の日本選手権男子100メートル決勝を10秒16で走り、サニブラウン・ハキーム(東京陸協)に次ぐ2位。10日の日本学生個人選手権では追い風4・5メートルの参考記録で9秒94をマークした。男子走り高跳びは竹村慎之介(関学大)が2メートル16で優勝。女子三段跳びは恵良和鈴(武...    
<記事全文を読む>