29、30の両日に行われる3人制バスケットボールの国際大会「3×3(スリーバイスリー)ワールドツアー宇都宮マスターズ」のプレオープニングイベントが28日、宇都宮市の二荒山神社前のバンバ市民広場で開かれ、世界各国の選手を一目見ようと地元住民らが駆け付けた。

 会場では佐藤栄一(さとうえいいち)市長が「(宇都宮の繁栄とともに歩んだ同神社の)コートで素晴らしい戦いを繰り広げていただきたい」とあいさつ。大会に出場する12チームのうち8チームが出席し、宇都宮の印象や試合への意気込みを話した後、来場者とハイタッチするなどして交流を図った。

...    
<記事全文を読む>