9月に開幕するバスケットボール男子のBリーグに臨むレバンガ北海道は25日、今季のチームスローガンを「立ち止まるな。」に決めたと発表した。主将には昨季に続き、帯広市出身の多嶋を選んだ。

 スタッフや社員と一緒にスローガンを考えた水野監督は「チームと個人が成長し続けるという思いを込めた」と説明。強豪がひしめく“超激戦区”の東地区を勝ち抜き、チャンピオンシップ(CS)に進出する決意を述べる一方、「ファンの方は立ち止まって試合を見てほしい」と冗談めかした。

 2季連続の主将となった多嶋は「最初にガツンとスタートダッシュしたい」と決意を述べた。また、副主将には松島が選ばれた。アシスタントコーチには昨...    
<記事全文を読む>