男子プロバスケットボールBリーグの川崎ブレイブサンダースは、9月に開幕する2017-18シーズンの応援ソングに、川崎市出身のバンド「sumika(スミカ)」の曲「アイデンティティ」を決定した。同バンドの応援ソング採用は2期連続となる。

 sumikaは、片岡健太さん(ボーカル・ギター)、荒井智之さん(ドラム)、小川貴之さん(キーボード)、黒田隼之介さん(ギター)の4人組。全員が同市出身で、20代の若者に人気を誇るという。昨季の応援ソング「雨天決行」は、「逆境の中でもくじけず立ち向かう心境をつづった歌詞がチームの戦う姿にマッチしている」と、多くのファンの共感を呼んだ。

 「アイデンティティ」...    
<記事全文を読む>