バスケットボール男子のBリーグで2017~18年シーズンの1部(B1)昇格を決めている西宮は19日、16~17年シーズンに在籍したセンターのジョーダン・バンデンバーグ(27)と再び選手契約を結んだと発表した。

 両者の契約は今年5月末にいったん満了し、バンデンバーグは他クラブが契約交渉できる自由交渉選手になっていた。一方で、西宮は同選手との再契約を目指して交渉を続けていた。

 バンデンバーグは豪州出身。NBAのニックスなどを経て昨年10月、西宮に移籍し、以後の全試合に出場した。(藤村有希子)

...    
<記事全文を読む>