千曲市を拠点に活動するバスケットボール男子Bリーグ2部の信州ブレイブウォリアーズをテーマにした企画展(市教育委員会主催)が15日、同市屋代のアートまちかどで始まる。選手の写真や過去のグッズのほか、ユニホームやトートバッグに使われた同市の画家越ちひろさんの原画を展示。23日には選手のサイン会もある。

 選手や越さんのように、地方を拠点にスポーツや芸術で幅広く活躍する人が市内にいることを子どもたちに伝え、夢や希望を持ってもらおうと、夏休みに合わせて企画。会場にはbjリーグに初参戦した2011〜12年シーズンからの200枚近い写真を展示。試合での迫力あふれる一瞬を切り取っている。会場では試合の...    
<記事全文を読む>