バスケットボール男子・Bリーグ2部のパスラボ山形ワイヴァンズを退団し、2部広島に加入することが決まった村上駿斗(山形南高出)が13日、山形新聞の取材に応じ、「もっと技術を磨くため、新たなことに挑戦したかった」と移籍を決断した理由を語った。山形のブースター(ファン)に向けては「どんな時も前向きな言葉を掛けてもらった」と感謝の気持ちを示した。以下は一問一答。

 ―移籍を決めた理由は。

 「一番はキャリアアップ。もっと技術を磨くため、新たなことに挑戦したかった。将来的にはポイントガードでプレーできる選手を目指している。自分の可能性を最大限に引き出せるポジションだと思っているが、課題はまだまだある...    
<記事全文を読む>