2020年東京五輪の新種目に採用されたバスケットボール3人制の国内男子プロリーグのゲームが8月5、6日、JR辻堂駅北口の商業施設「テラスモール湘南」で開催される。「ストリートから世界へ」を合言葉にリーグが誕生してから3年。大舞台への扉が開かれた今、藤沢市を拠点に活動する「湘南SUNS」の選手らは「3人制バスケットをアピールする機会にしたい」と活躍を誓う。

 「『ストリートから世界へ』がオリンピックで現実になった。選手として五輪を目指せることは大きなモチベーションになる」

 国際オリンピック委員会(IOC)の臨時理事会で東京五輪での実施が決定し...    
<記事全文を読む>