バスケットボール男子・Bリーグ2部東地区のパスラボ山形ワイヴァンズが11日、2017~18年シーズンに向け、中山町総合体育館でチーム練習をスタートさせた。今季から指揮するジョセフ・クックエグゼクティブコーチ(EC)も早速、選手への指導に熱が入った。

 この日は昨シーズンも所属していた佐藤正成(山形南高出)ら4選手に加え、新加入の中島良史と河野誠司が参加。クックECのほか、小関ライアン雄大ヘッドコーチと石川裕一アシスタントコーチらスタッフもそろい、昨季よりも1週間程度早い始動となった。

 練習では攻守の基本的な動きを確認。ボールの受け方など細かい点について、クックECが身ぶりを交えて各選手を...    
<記事全文を読む>