バスケットボール男子、Bリーグ1部(B1)の新潟アルビレックスBBに、昨季までB1富山に所属したシューティングガード、城宝匡史(35)が加入することが11日、分かった。近日中に正式発表される。

 城宝は旧bjリーグの東京アパッチ、滋賀などを経て2011年から富山でプレー。bjリーグ時代にはベスト5やMVPにも選ばれた。

 3点シュートを中心とした得点力が持ち味。昨季は終盤に左手を負傷し45試合の出場にとどまったが、1試合平均13・4得点。富山のエースとして、新潟の脅威となった。

 昨季限りで新潟を退団した、同じポジションの佐藤公(長岡市出身)の穴を埋める狙い。アシストや、昨季のチームの課題だ...    
<記事全文を読む>