バスケットボールの第93回天皇杯・第84回皇后杯全日本選手権の県代表を決める1次ラウンド(山形新聞など共催)は第2日の8日、酒田市国体記念体育館で男女の準々決勝などが行われた。男子はYAMAGATA KUBERA、山形ベスラベナ、山形南高、羽黒高、女子は山形銀行、八幡クラブ、鶴岡信用金庫ハリーホットクラブ、山形大がそれぞれ4強入りを決めた。

 最終日の9日は同体育館で男女の準決勝、決勝が行われる。優勝チームは各都道府県代表などが出場する2次ラウンド(山形新聞など共催)に進む。1次ラウンドは国体選手選考会などを兼ねている。

...    
<記事全文を読む>