バスケットボールの第93回天皇杯・第84回皇后杯全日本選手権大会県代表決定戦(第1次ラウンド)は2日、沖縄国際大学体育館で男女の決勝を行った。男子は興南高校が社会人クラブのワンハートを82―54で制し、女子は那覇高校が名桜大学に71―50で勝利した。優勝した興南高と那覇高は、西日本エリアで争う第2次ラウンド(9月・大分県)に進出した。2次ラウンドは、男子の部ではバスケットボールBリーグ2部のチームも参戦する。◆新戦術で攻撃に幅/試合掌握、21点差 那覇高 個々のドライブ能力が高い那覇高校だが今回は、ボールをしっかり回すパッシングオフェンスで決勝の名桜大学に挑んだ。荒さは残るものの第1ク...    
<記事全文を読む>