サッカーの第97回天皇杯(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第4日は12日、長良川競技場などで3回戦(岐阜新聞社共催)を行い、J2のFC岐阜はJ1広島に1-2で逆転負けした。

 岐阜が先制に成功。優位に戦っていた前半21分に、DF福村がゴール近くの左サイドでボールを持ち、左足を振り抜いてネットを揺らした。その後は危険な場面もあったが、無失点でしのいだ。

 後半から広島に押されるようになり、11分にスルーパスから失点し1-1。16分にハンドで与えたPKを冷静に決められて逆転を許した。岐阜はFWクリスチャンらを投入したが、得点できなかった。

...    
<記事全文を読む>