第45回中国サッカーリーグは30日、第14節5試合が行われた。松江シティFCはホームの松江市営陸上競技場で5位環太平洋FC(岡山)に6-1で快勝し、通算11勝2分け1敗、勝ち点35で首位を守った。4得点の松江シティのFW金村賢志郎は今季28得点と伸ばし、2010年(第38回)の平田翔太(デッツォーラ島根)のシーズン最多と並んだ。

 4位のデッツォーラ島根は3位SRC広島と3-3で引き分け、通算6勝4分け4敗の勝ち点22で順位は変わらず。米子元気SCは0-2で2位三菱水島FC(岡山)に敗れ、通算1勝2分け11敗、勝ち点5の最下位。

 リーグは国体ブロック大会開催のため、約1カ月の中断期間に入...    
<記事全文を読む>