第45回中国サッカーリーグは16日、第12節5試合が行われた。松江シティFCはアウェーの広島県庄原市上野総合公園で廿日市FCを4-0で下し、引き分けを挟み7連勝。通算10勝1分け1敗の勝ち点31で、首位を守った。三菱水島FC(岡山)も勝ち、得失点差で変わらず2位。廿日市は6位から8位に下がった。

 米子市弓浜コミュニティー広場で行われた「山陰ダービー」で、デッツォーラ島根は米子元気SCを4-1で下し、通算5勝3分け4敗の勝ち点18で5位から4位浮上。米子元気は通算1勝2分け9敗の勝ち点5で変わらず最下位。

 第13節は23日に5試合が行われ、松江シティはホームの松江市営陸上競技場に7位NT...    
<記事全文を読む>