サッカーのU-17(17歳以下)の4チームで争う「第21回国際ユースサッカーin新潟」は2日目の16日、聖籠町のスポアイランド聖籠などで2試合を行い、県選抜は1-3でクロアチアに敗れ、2連敗となった。クロアチアは勝ち点を4に伸ばした。日本代表はメキシコを1-0で下し、勝ち点を4としたが、得失点差で2位。

 県選抜は前半15分、PKを決められ先制を許すも同24分、FW外山光(長岡向陵高)のパスを受けたDF押久保汐音(アルビレックス新潟U-18)がシュートを決め、同点に追いついた。だが同35分、カウンターから勝ち越され、5分後にも追加点を奪われた。

 後半は両サイドから幾度も決定機をつくったが...    
<記事全文を読む>