将来のサッカーJリーグ入りを目指す福島県社会人1部リーグのいわきFCを支援し、地域活性化につなげようと、いわき市やいわき商工会議所など官民6団体が8月下旬、地域協議会を発足させる。快進撃を続けるいわきFC応援の機運が市内で高まっており、J1清水に挑んだ12日の天皇杯全日本選手権3回戦も、大勢の市民がパブリックビューイング(PV)会場で声援を送った。

 発足するのは「スポーツによる人・まちづくり推進協議会(仮称)」。いわき地区商工会連絡協議会、いわき青年会議所、いわきサッカー協会、チームを運営するいわきスポーツクラブ(いわき市)も加わる。

 いわきFCはJ1を頂点とするカテゴリーではまだ「7...    
<記事全文を読む>