サッカーの全国社会人選手権(10月・福井県)につながる全国社会人東海予選は1日、伊賀市小田町の上野運動公園競技場など東海4県の4会場で開幕。県内から出場の鈴鹿アンリミテッドFC、FC伊勢志摩は、ともに1回戦を突破した。

 東海4県の県大会を勝ち抜いた社会人登録の16チームが2日間の日程で4会場4チームに分かれてトーナメント形式で対戦する。各会場の1位チームが全国大会に進む。鈴鹿アンリミテッドは1回戦でブラックキティ(静岡7位)を2―0で下した。伊勢志摩は1―0でシミズ・ウオンテッド(静岡8位)を破った。全国社会人選手権の上位チームがJFL(日本フットボールリーグ)の来季昇格チームを決める...    
<記事全文を読む>