サッカーJ3第15節は最終日の2日、各地で4試合が行われた。5位のAC長野パルセイロは長野市の長野Uスタジアムで11位の藤枝に0―3で敗れた。AC長野は第4節以来の黒星。連続負けなしは9で止まった。6勝5分け3敗で、順位は5位のまま変わらない。

 先発は前節の北九州戦と同じ。布陣はAC長野の4―2―3―1に対し藤枝は3―4―3。前半から藤枝にペースを握られた。40分、自陣左クロスをGK阿部が取り損ね、こぼれ球を決められた。

 後半12分、大島のトラップミスでこぼれた球を蹴り込まれた。AC長野は直後に阪田を投入し、3バックで対抗したが、得点できなかった。39分、守備陣の後ろのスペースにパスを...    
<記事全文を読む>