明治安田J3のカターレ富山(暫定2位)は1日、富山市南中田の県総合運動公園陸上競技場でギラヴァンツ北九州(同7位)に2-1で競り勝った。通算成績は9勝2敗4分けで、勝ち点を31に伸ばした。順位は変わらない。

 富山は前半、前線へのパス精度を欠いたが、少ないチャンスを確実にものにした。ゴール前のMF椎名が積極的にシュートを放ち、好機を演出した。45分、ペナルティーエリア付近から椎名が放った強烈なシュートがポストを直撃。MF佐々木一がこぼれ球に素早く反応し、左足で押し込み先制点を奪った。

 後半は、互いに激しく攻め合う展開となった。16分、味方ゴール前の混戦から相手にPKを与えて同点とされたが...    
<記事全文を読む>