J2ファジアーノ岡山は22日、DF篠原弘次郎(26)が右大腿(だいたい)二頭筋腱(けん)炎で全治6~8週間と診断されたと発表した。15日の金沢戦で痛めた。

 篠原は今季、3バックの中央で出場停止の1試合を除く22試合にフル出場。守備の要として持ち前の闘志あふれるプレーで、ここ9戦負けなしと好調を維持するチームを支えていた。

...    
<記事全文を読む>