J2で2位のアビスパ福岡の三門雄大主将(30)が4位徳島戦(23日午後6時開始、レベルファイブスタジアム)でのホーム初得点を誓った。今季の2得点はいずれもアウェーで、上位対決を前に「ホームで取りたい」と意欲を燃やした。

 今季はチーム内で「ラッキー三門」の異名を取る。ライバルの息の根を止めた湘南戦、終盤に決勝点を決めた愛媛戦。いずれも「まぐれ?」と思わせるほど難度の高いゴールで、チームを勝利に導いた。いわば“ラッキー弾”だったからだ。

 徳島は5月3日にアウェーで1-2の逆転負けを喫した難敵。最近5戦も4勝1分けと好調だが、三門は「前からボールを奪えればチャンスがある」と明言。今季14得点...    
<記事全文を読む>