岡山市は、サッカーJ2ファジアーノ岡山と女子バレーボールの岡山シーガルズが作製したポロシャツを職員が着用して、来庁者にチームをPRする初の連携企画に乗り出した。クールビズ期間中の10月末まで取り組む。

 ポロシャツは両チームがデザイン。ファジアーノは紺で、左胸にチームのエンブレムと市が「桃太郎のまち」をアピールするため新調したロゴマークを配置。シーガルズは白とロイヤルブルーの2種類で、右胸にサポーターを表す「30番」、背中に「OKAYAMA CITY with SEAGULLS」の文字をあしらっている。ともに市職員向けに作製した。

 市内を拠点に活躍するトップチームの応援ムードを盛り上げよ...    
<記事全文を読む>