サッカーJ2第23節は15日、各地で4試合があり、レノファ山口は香川県丸亀市のPikaraスタジアムでカマタマーレ讃岐と対戦し3―1。今季初めての連勝で勝ち点を19に伸ばし、順位を一つ上げ19位となった。

 先制されたレノファは前半21分、DF前貴之選手のシュートで追い付くと、前半終了間際にDF渡辺広大選手のゴールで勝ち越し。後半8分にはDF宮城雅史選手も追加点を挙げ、敵地で今季最多の3得点で快勝した。次節は23日、岡山市のシティライトスタジアムでファジアーノ岡山と対戦する。

...    
<記事全文を読む>