7月1日の愛媛FCとの四国ダービー戦で先制ゴールを決め、最優秀選手(MVP)に選ばれたのがMF島屋八徳(28)=福岡県出身=だ。変幻自在のポジション取りと巧みなボール運びで好調な攻撃陣の一角を担う。昨季まで所属した山口FCではJ3、J2昇格に貢献。「自分の経験を徳島のJ1昇格のために生かしたい」と決意を新たにしている。

  今季最多の7500人余りが見守ったダービー戦。攻めながらもゴールが決まらない前半の嫌な流れの中でこぼれ球を押し込んだ。PKで追いつかれた後半も、島屋の積極的なシュートが相手のオウンゴールを誘い、リードを奪った。

  魅力はゴールへの鋭い嗅覚だけではない。スペースに飛び込...    
<記事全文を読む>