サッカーJ2のFC岐阜は第二十三節の十五日、横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で横浜FCと対戦する。

 前節に十一試合ぶりの白星をあげた十八位の岐阜に対し、横浜FCは現在四連敗中で十一位。上位浮上を狙う岐阜は、アウェーとはいえ確実に勝ち点を積み重ねたい。三月の前回対戦では岐阜が前半に先制したが、その後に2失点して逆転負けした。

 横浜FCの得点源は、現在16得点でランキングトップのFWイバ選手。岐阜の大木武監督は「イバにボールが回らないようにする」と話し、ゴール前で自由にさせないことはもちろん、パスの供給元への守りが重要になると指摘した。

 十二日の天皇杯全日本選手権から中二日での試合となる。十三...    
<記事全文を読む>