アビスパ福岡が0-2で金沢に敗れ、勝ち点を43から伸ばせず6月3日から守ってきた首位から陥落した。九州豪雨で被災した地元に勝利をささげるはずが、前節17位の相手に不覚を取って今季5敗目。うち4敗がホームで、下位に取りこぼす課題がまたも浮き彫りになった。大分トリニータと0-0で引き分けた湘南が同44に伸ばして首位に立った。ロアッソ熊本は水戸と2-2で引き分けた。

 ■5敗中、本拠地「4」 試合前に九州豪雨で亡くなった方に黙とうをささげた一戦で、アビスパが約1カ月ぶりに首位から陥落した。前節17位の金沢に零封負け。「犠牲になられた方のために結果を出し、被災された方に勇気をと思っていたが…。申...    
<記事全文を読む>