J2リーグ3位の徳島ヴォルティスは8日午後6時から、愛知県豊田市の豊田スタジアムで6位の名古屋グランパスと後半戦最初の試合を戦う。リーグ最多の35得点と高い攻撃力を誇る名古屋だが、徳島も34得点と引けを取らない。勝ち点7差で上位に座る福岡、湘南の2強を追撃するためにも譲れない一戦になる。

 名古屋は10得点の長身FWシモビッチを筆頭に攻撃陣のタレントが充実。前節湘南戦でゴールを決めた20歳のMF杉森など若手の台頭も著しい。ただ、FWフェリペガルシアらがけがで離脱し、主力メンバーがそろわない可能性もある。

 J1を含め名古屋と過去3度対戦し、まだ白星がない徳島。4月のホーム戦は2-2で引き分...    
<記事全文を読む>