サッカー・Jリーグ二部(J2)の名古屋グランパスは、八月十二日に豊田スタジアム(豊田市千石町)である松本山雅FC戦で、ホームゲーム最多入場者数記録(三万八千九百六十六人)の更新を目指す。「四万人プロジェクト」と銘打ち、小学生から大学生まで計一万三千人を無料で招待する。

 夏休みの好機を生かして記録を塗り替えようと、小中高生一万人、大学生(大学院、短期大、専門学生含む)三千人を招待する。いずれも先着順で、グランパスの公式ホームページでの事前申し込みが必要になる。座席は自由席。

 ホームゲーム最多入場者数を記録したのは、二〇一四年五月三日のセレッソ大阪戦。グランパスの広報担当は「たくさんの観客...    
<記事全文を読む>