サッカーJ2のファジアーノ岡山は1日、岡山市のシティライトスタジアムで、5連勝中の水戸を3―0で破り、リーグ前半の最終戦を3戦ぶりの白星で飾った。7戦負けなしで勝ち点を30(通算8勝6分け7敗)に伸ばしたが、順位は14位のまま。

 ファジアーノは序盤から果敢に攻め込み前半23分、FW石毛のCKをFW赤嶺が頭で合わせて先制。後半はカウンターから37分にFW大竹がネットを揺らし、ロスタイムには赤嶺がダメ押しの3点目を奪った。勝利を告げるホイッスルが鳴り響くと、スタンドを埋めたサポーターは歓喜に沸いた。

 ファジアーノは次節の9日、アウェーで東京Vと対戦する。

...    
<記事全文を読む>