FC東京に、アウェーで1-1で引き分けたアルビレックス新潟。

  白星こそ奪えなかったが、今季あと一歩ですり抜けてきた勝ち点1を必死に離さなかった。中断期間中に鍛えた戦術と、新加入のMF磯村とDF大武の力が最後の踏ん張りにつながった。

 後半21分。猛攻に耐えてきた守備が相手の個人技で崩され、追い付かれる。終盤に集中や連係の意識が途切れ、連続失点するのが今季の悪癖。しかし、この日は「失点後も前を向けた」(MFロメロ・フランク)とタフさがあった。

 体力面を支えたのはボランチの磯村。前半から安定してパスをつないで流れをコントロール。速攻中心だった以前に比べ、ボールを保持する時間が増え守備の負担...    
<記事全文を読む>