J3沼津の元日本代表FW中山雅史(49)が30日、古巣のJ1磐田との練習試合(30分3本)に出場した。

 中山は3本目に約10分間、2トップの一角としてプレー。前線でパスを受ける機会もあったが、簡単にボールを失った。「実戦は春先以来。駄目ですね。まだやるべきことが多い。次に生かしたい」と課題を口にした。

 J3のリーグ戦は約1カ月の中断を挟んで8月20日に再開する。中山は「一つ一つの練習にトライして、ハードワークして戦っているチームの刺激になりたい。少しでも役に立てれば」と優勝を目指すチームの後押しを誓った。

...    
<記事全文を読む>