◇明治安田J1第19節第1日(29日・市立吹田スタジアムほか=6試合) 首位のC大阪はG大阪との「大阪ダービー」に1-3で敗れた。勝ち点は41のまま。2位の鹿島は甲府を3-0で下し、同40とした。

 神戸は新加入でデビュー戦となった元ドイツ代表FWポドルスキの2得点の活躍などで、大宮に3-1で勝った。

 磐田は川崎に5-2で大勝して13年ぶりの6連勝。札幌は浦和を破り、横浜Mは清水と引き分けた。残り3試合は30日に行われる。◆「重圧を力に」希代の点取り屋 世界に名をとどろかす大物が、鮮烈なJリーグデビューを果たした。神戸の元ドイツ代表FWポドルスキが先発でフル出場し、いきなり2ゴール。リー...    
<記事全文を読む>