勝ち点15で16位の大宮は29日、同26で9位の神戸と対戦する(19時・ノエスタ)。試合を翌日に控えたチームは28日、さいたま市内で完全非公開の練習を行った。

 練習後、取材に応じた伊藤監督は「最終的な到達度はまだまだ。新しいことのさわりは選手たちも理解してくれたと感じている」と約3週間のリーグ中断期間を総括。22日に完全非公開で行われたG大阪との練習試合については「コンディションやお互いチャレンジする部分はあったが、選手たちの自信になった」と1―0の勝利に手応えを口にした。

 神戸の印象を「前半戦とはまったく違ったチーム」と個々の能力を警戒しながらも、「自分たちが主導権を握って戦う時間が...    
<記事全文を読む>