J1鹿島は8日に全日程の約半分を消化し、12勝1分け5敗、勝ち点37で2位の好位置で中断期間に入った。29日のリーグ再開を前に、鹿島の前半戦の戦いぶりを振り返る。今季はJ1と天皇杯の2冠を達成したメンバーに加え、ペドロジュニオールやレオシルバなど実力者を獲得。例年にない大型補強に成功し、他クラブを圧倒できるだけの戦力が整った。開幕戦こそ僅差で落としたが、第2節から5節まで4連勝。エース金崎や昌子らが期待通りの活躍を見せ、第10節には浦和を下し首位に立った。結果だけを見れば順調だったが、勝ち試合も含め、内容は苦戦の連続だった。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)との過密日程でメンバーを入...    
<記事全文を読む>