サッカーJリーグ1部(J1)のジュビロ磐田は22日、袋井市のエコパアリーナでファン感謝イベントを開いた。選手自らが企画したステージショーなどを披露し、訪れたサポーター約2500人を楽しませた。

 運動会をテーマとしたイベントでは、体操着姿になった29選手が2チームに分かれて対戦。障害物リレーや○×ゲームで合計点を競った。ファンも一緒に参加する「借り人レース」も実施。選手が会場内を探し回り、「選手に似ている人」では川又堅碁選手と大南拓磨選手の“そっくりさん”をステージに呼び、場内を盛り上げた。選手が考えた飲食物も販売し、来場者をもてなした。

 8月のホーム戦3試合で着る限定ユニホームも披露。...    
<記事全文を読む>