サッカーの国際親善試合、明治安田ワールドチャレンジは22日、カシマスタジアムで行われ、J1鹿島は鈴木の2ゴールでスペイン1部リーグのセビリアを2-0で下した。鹿島は前半、圧倒的に攻められたがGK曽ケ端の好セーブもあり、無失点で折り返した。後半27分に安部のパスを受けた鈴木が先制。試合終了間際には遠藤の左CKを再び鈴木が決めた。セビリアは細かいパスワークで何度も決定機をつくったが、決定力を欠いた。マン・オブ・ザ・マッチ(最優秀選手)には鹿島の安部が選ばれた。

...    
<記事全文を読む>