【ノンタブリー(タイ)渡辺史哉】札幌は22日夜、札幌に加入したチャナティップの古巣でタイ・プレミアリーグの強豪ムアントンと、同クラブの本拠地SCGスタジアム(タイ・ノンタブリー県)で親善試合に臨み、0―1で敗れた。後半途中からムアントン側でプレーしたチャナティップが決勝点をアシストした。

 母国に凱旋(がいせん)したチャナティップは前半、札幌側で出場。札幌の布陣は3―4―3で、チャナティップは内村、早坂と共にFWでプレー。後半途中からムアントン側で出場すると、アシストのほかにもポスト直撃のミドルシュートを放つなど躍動した。チャナティップは試合後、サポーターに「きょうは温かく迎えてくれてあ...    
<記事全文を読む>